Code and Passion Take Me Anywhere

Inbox のリマインダーをフル活用すればもの忘れはキレイに無くせる

time 2017/01/14

Inbox のリマインダーをフル活用すればもの忘れはキレイに無くせる

リマインダーとして素晴らしい Inbox by Gmail

自分はGmailの公式クライアントアプリである Inboxをもう3年くらい使っていて、素のGmailは一切使っていない。

なぜそこまでInboxを使い続けているかというと、実はメーラーアプリとしてよりリマインダーとしての機能性がとても高くて手放せなくなっているからである。
実際TODO忘れはここ2,3年で9割以上減らせた感覚があるので、忘れ物やうっかりが多い人にはぜひ試してみてほしい、特にAndroidユーザーは。

どんな些細なことでもその場でInboxに送る癖をつけておくだけで、絶対にTODOを忘れないというHackの素晴らしさを、ここで共有させてもらう。

Inbox リマインダーの特徴

inbox pc

  •  内容
    • メール
    • 任意テキスト
    • Webページのリンク
  • 手段
    • 手入力
    • 音声入力
    • スマホの共有ボタン
    • PC版Chromeのコンテキストメニュー(拡張機能が必要)
  • トリガー
    • 日付と時間
    • 場所 (スマホかPCのGPSで判定される)

Inboxのリマインダーは入力方法とトリガーが多様で、これにより様々なシチュエーションで簡単にリマインダー登録ができる。
それに元々がメールアプリなので、メールもリマインダもリンクも、全てを同じTODOとして扱うことができる。

この中で特に音声入力と場所によるトリガーが設定できる機能をよく使っている。
例えばAndroidの音声入力で「OK Google」の後に「リマインダーを設定」と喋ると、インタラクティブにリマインダー登録ができるのは地味に便利。

reminder android

この音声入力やトリガーを使うと、どんなシチュエーションでもリマインダーを設定できてしまう。

  • 1時間後に窓口が開くので書類を出したい => 1時間後に通知を設定、出し忘れを気にせず仕事に集中できる
  • 帰る途中でお使いを頼まれた => 音声でリマインダーを設定、自宅最寄り駅をトリガーにして買い忘れ防止
  • イベントの会員証がメールで来たのをPCで確認 => トリガーを会場付近に設定、いちいち探す必要がない
  • 休憩中にネットサーフィンしてたらスマホで面白い記事を発見 => 共有で保存しトリガーを自宅に設定、続きが気になって見続けてしまうのを防止
  • 運転中にTODOを思い出した => 音声で登録して目的地をトリガーに、安全運転でTODO忘れもしない

トリガーは常に正確に指定しなくても既定の時間が4種類あってその中から選べるし、スヌーズもついているので相手に合わせる必要があるタスクとかは少し後で再通知させることも可能。

trigger time

それと、場所をトリガーにする場合はこんなかんじで予め自宅と職場をGoogle Mapsで登録しておくと選択画面に出てくるし音声入力でも認識されるのでぜひやっておくべき。

trigger place

唯一残念なのはデスクトップ通知がないので、スマホを見ていないと通知をスルーしてしまう可能性があること。
(追記: リマインダーもちゃんとデスクトップ通知されることを確認しました)
これについてはPush Bulletというアプリを入れておくことで、こんな感じでスマホのPUSH通知をPCへ転送してくれるのでこれで解決している。

push bullet

「あ、忘れてた」をなくすために

このようにInboxを人に勧めるのは、Inboxを使うことで実際に自分がやり忘れをなくしほぼ取りこぼさず実行できるようになったからである。
例えば頼まれた買い物を忘れれば親や奥さんに叱られて嫌な思いをするだろう。
書類を出し忘れただけでも上司やクライアントに迷惑がかかることがある。
興味深いコンテンツを見つけても、リンクが思い出せずに開けなかったら本来得られたはずのチャンスやアイデアを無駄になくすことになる。
それらの物忘れがなくなるだけで、人生における幸福度や充実感は格段にUPするはずだ。

でもかといって、いちいち手帳やメモ帳にメモるのは物理的にも精神的にもきっと続かないなのは説明するまでもない。
それに覚えておこうと努力すれば、必然的に他のことに対する集中力が削がれることにもなる。
ネットの情報であれば、誰だって再現性のあるURLを電子的に保存してクリックかコピペで開きたいだろう。

なのでぜひ「覚えておきたい」「忘れたくない」と思った瞬間に、脊髄反射的にInboxへ送信する癖をつけておこう。
そうすれば少なくともそのことはいずれ絶対に思い出されるという保証が生まれるし、何より今目の前でやるべきことに集中できる。

ヒューマンエラーを減らすためのツールとして、Inboxのリマインダーは絶対に誰もが使いこなすべきツールだと思う。

Inbox by Gmail

価格:0  平均評価:4.2(379,425 件)

 

Google Play で手に入れよう

 

 

このブログを書いている人

imaizume

imaizume

RubyとRでやっていく [詳細]


UA-44092231-5
Bitnami